坐骨神経痛の間欠性歩行は、腰椎脊柱管狭窄症の大きな特徴

 

腰部脊柱管狭窄症は、腰部の脊柱管を形成する骨性・椎間板組織や靭帯を含む脊柱管空間が狭くなることによって引き起こされる神経圧迫性の症候群です。

頸椎、胸椎、腰椎のいずれの部位でも起こりますが、一般的には発生頻度は腰椎が一番多く、胸椎は非常にまれです。

純粋な先天性脊柱管狭窄症を除いては、独立した疾患ととらえるべきではなく、狭窄状態や狭窄症候群と理解するのが妥当です。

後天性のものは、変形性、すべり症性、分離症性、医原性、外傷性に分類できます。

変形性は、加齢現象に伴う脊柱構成要素の変性が原因です。すべり症性は脊椎すべり症が、分離症性は脊柱分離症が原因となって引き起こされた病態です。

 

 

医原性は手術によって術後に脊柱管周囲に瘢痕や骨が形成されてその結果、腰の脊柱管が狭くなった病態です。

外傷性は骨折や脱臼などによって脊柱管が狭くなった病態です。

腰椎脊柱管狭窄症の場合、典型的な坐骨神経痛の症状があります。
それは、馬尾性間欠性跛行(ばびせいかんけつせいはこう)と呼ばれるものです。

簡単に言うと、腰の脊柱管の中を通る馬尾神経(ばびしんけい)を呼ばれる神経が圧迫されるために(坐骨神経痛)、休み休みにしか歩けなくなる、ということです。

歩き始めると、腰やふとももや膝に電気が流れるような電撃痛が起きたり、しびれたり、急に力が抜けたりしてあるけなくなります。
仕方なく前かがみになって休んでいると痛みが消えるので、再び歩き始めます。

しかしまた、同様の症状が出て歩けなくなってしまいます。

そのため、歩いては休み休んでは歩いてと、休み休みにしか歩けなくなってしまいます。

 

この間欠性歩行は、腰椎脊柱管狭窄症の大きな特徴と言えます。

もう一つの特徴は、前かがみの方が楽だということです。

腰椎椎間板ヘルニアの場合は、前かがみがつらく、後ろに逸らしたほうが楽なので、この点が鑑別ポイントとなります。

腰椎脊柱管狭窄症の患者さんは、前かがみで診察室に入ってきますので、大切な観察ポイントです。

狭窄が高度になるとこのような腰痛だけではなく、下半身の麻痺や直腸や膀胱などにも症状が出てきます。

尿の回数が極端多くなる頻尿になったり、陰部や肛門に違和感やしびれが出てきます。尿漏れもよく見られる症状です。また時には尿や便の失禁(お漏らし)をきたしたり、尿が出なくなったりすることもあります。

そのため、患者さんは泌尿器科をい受診していることもあります。
泌尿器科を受診しても「どこも異常ありませんよ」と言われて悩んでいたというケースもあります。

患者さんは、腰痛とは無関係だろうとか整形外科の範囲ではないだろうと思うことや羞恥心もあって、自分からこれらの症状を整形外科医に告げることはまずありません。

整形外科医の方から問診することが必要になります。

診断は、まずは丁寧な問診や身体診察です。
前かがみの方が楽なのかどうかを問診したり、実際に体を逸らしてみて痛みが起きるかなどの身体診察で見当をつけます。
その後レントゲンやCT、MRIを見て診断します。時には、ミエログラフィと呼ばれる水溶性造影剤による脊髄造影を行うこともあります。

 

治療は、保存的治療、外科的治療に大きく分類できます。

保存的治療は、まずは安静にすることと指示されます。
そして痛みを取るために、牽引療法を行うことが多いです。

薬物療法としては、副腎皮質ステロイドの投与や、硬膜外注射、神経根注射が行われます。

それ以外には、体の後屈を制限して前屈のみが可能となるコルセットのような機能的装具の装着を勧められることも多いです。

また、腹筋を鍛えるために腹筋許可運動などをリハビリとして理学療法士の指導を受けて行うこともあります。

これらの保存的治療を行っても功を奏さない場合は、手術が考慮されます。
腰椎の場合、間欠的跛行の坐骨神経痛のみであれば手術の緊急性は大きくはない、と考えられています。

予後は、神経障害の程度によって大きく左右されます。

麻痺が出てくる前に治療を始めた場合と、麻痺が出てから治療を始めた場合で、予後は大きく違ってきます。
麻痺が進行した例では、手術を受けても麻痺が十分に改善しないといったケースも残念ながら少なくありません。

単なる腰痛とは思えないのがこの疾患ですが、日本人は我慢強いのでしょうか?

 

「ぎっくり腰くらい誰にだってあることだと思っていた」、「ぎっくり腰がなかなか治らないだけだと思っていた」、「ぎっくり腰は癖になると言うから、癖になっているのだろうと思っていた」、などと言われる患者さんも結構おられます。

しかし高度の麻痺が出てしまってからでは、残念ではありますが、治療の効果もそれほど期待できないというのが現状です。

頻尿や尿漏れといった症状が出て来ても、腰痛と結びつけて考える人はほぼいません。

多くの人が「年のせいだろう」と更年期障害や老化現象だと考えてしまいます。

休み休みでしか歩けないという時点で受診して欲しかったと、悔しい思いをすることが日常茶飯事です。

たかが腰痛と侮ることなく、整形外科を受診してください。整形外科医は僅かな麻痺も見逃すまいと、注意深く診察して経過を観察します。

新規コメントの書き込み